老人ホーム

老人ホームで抑えておきたトラブルとは?

投稿日:2018年10月6日 更新日:

トラブル老人ホームには色々な種類があり、利用する人によってどのようなタイプの施設を利用するのかある程度選ぶ事ができるようになっています。

ですが選ぶ際に注意しておきたいのがトラブルで、場合によっては裁判沙汰にまで発展してしまうものもあるので事前にどのようなトラブルがあるのかを知っておくことで対策・予防をする事ができます。

 

ココに注意

まず老人ホームに入居する前に起きやすいトラブルとして言われているのが、「パンフレットや説明を受けた内容と違っている」というところです。

小さな部分ならばそこまで気にすることはないと納得する事もできるのですが、このような場合に特に多いのが料金の記載に関するもので記載されていた内容よりも多い料金が発生していたという場合もあります。

 

ほかにも医療依存度が高いと言う高齢者の場合は看護師の有無や医師との連携体制を気にすると言う人も多いのですが、パンフレットや説明ではしっかり連携しているとあったのに実際に入居してみると全く連携が出来ていなかった・夜間に連絡が取れないなどということもあります。

 

入居中にみられるトラブルとしては、
ほかの入居している高齢者や老人ホームのスタッフとの人間関係によって起きる問題と言うのは珍しいものではありません。

また入居中の病気や怪我も起きる可能性はあるものの、それをきっかけにして老人ホーム側の対応やその原因で問題が起きてしまうということもあります。
さらには利用している最中のサービスそのものがきっかけになって問題に発展してしまうと言うケースも多く、これら3つの原因によって何らかのトラブルに発展してしまったり巻き込まれてしまうと言う可能性もあります。

 

ココに注意

さらに何らかの理由で退去する事になったという時でも問題が発生することがあって、こちらは入居一時金に関することで揉めると言うケースがほとんどです。

そのため事前に契約書をしっかり確認して入居一時金の取り扱いがどのようになっているのか調べておく必要がありますし、揉め事を避けると言う意味でも入居一時金がないというところを選ぶこともひとつの対策になっています。

このように老人ホームでは入居前から退去まで様々な問題が発生するリスクがあり、防げるものと防げないものがあります。
それを踏まえてできる限り問題のリスクが少ない施設を選ぶ必要がありますし、防げないものに関してはどこまで妥協できるのかと言うところを考えておく事も必要になっています。

-老人ホーム
-,

Copyright© 老人ホーム選び・探し方・入居の流れがコレなら分かる , 2019 All Rights Reserved.