認知症

認知症グループホームとはどんな施設?

更新日:

認知症グループホーム老人ホームには色々な種類がありますが、その中のひとつに「認知症グループホーム」と呼ばれている施設があります。

どんな施設なのかと言うと


名前の通り認知症という近年増えてきている高齢者に見られる脳の病気を持っている人たちを専門的に取り扱っている老人ホームだとされています。

そのため入居するためには医師から認知症の診断を受けていることが条件となっていて、最近では増え続けていると言われている若年性の認知症も対象として入居を認めている認知症グループホームも増えてきています。

グループホームがどんな施設なのかと言うと


簡単に言ってしまえば少人数のグループでの集団生活を送る事ができる老人ホームです。

認知症は人の顔を覚える事が苦手なので少人数での生活の方が安心して過ごすことが出来ると言われていますし、生活環境が大きく変化してしまうと認知症状が進行してしまいます。

そのため使い慣れた家具などを持ち込んで家で生活をするように過ごすことができるというところが魅力だと言われていて、家事などの日常生活の中でも今までやってきた事を続けたり集団生活の中で役割を持って生活をする事ができるようになっています。

 

ココがポイント

認知症グループホームのメリットは何と言っても認知症を専門に取り扱っていると言うところで、スタッフも認知症に関する知識や技術を身に着けているので安心して家族を預ける事が出来るようになっています。
また入居している高齢者も全員何らかの認知症を発症しているので、症状のレベルによっては通常の老人ホームよりも友人を見つけやすくなっているとも言われています。

そして預ける家族としても同じ認知症の家族を抱えているもの同士で情報交換をする事ができるようになっていますし、同じような悩みや家族を抱えている人たちがいると言う事で安心感を得る事ができるのです。

 

そんな認知症グループホームの入居条件は、上記にあったように認知症の診断を受けていることが基本となっています。
そのほかにも介護保険の認定が要介護2以上である事などがあり、施設によっては医療依存度のレベルや介護度のレベルによって受け入れるかどうかを検討しているところも多いです。

ただ医療依存度に関しては近年では看護師を常駐もしくは訪問看護ステーションと連携しているところもありますし、かかりつけ医として近隣の医療機関と連携しているところが多いのである程度は受け入れ可能と言われています。

-認知症
-

Copyright© 老人ホーム選び・探し方・入居の流れがコレなら分かる , 2019 All Rights Reserved.