経過的経費老人ホーム

経過的軽費老人ホームとは?

投稿日:

経過的老人ホーム

高齢者の受け入れを行う老人ホームといえば、高齢者向けの施設に入居し、日々の食事や入浴、リハビリなどを含む介護サービスを受けられる施設として想像する方も多いのではないでしょうか。
一口に老人ホームとくくっても実際にはいくつかの種類が存在しており、経過的軽費老人ホームもそのひとつとなっています。

老人ホームの種類として数えられるのは、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などが挙げられます。
入居者に必要な介護の度合いによってサービスも異なり、食事をはじめとしたごく一般的な介添えやレクリエーションのみを行うものや、マンション型として介護要員が駐在しているもの、医療サービスが受けられるものなどに分かれます。

 

さらに詳しく

この中でも経過的軽費老人ホームと結びついているのが軽費老人ホームです。

軽費老人ホームは元々はケアハウス、A型、B型と三種類のタイプ別に分かれおり、A型B型がケアハウスへと移行する際の、建て替えを行うまでの期間を経過的軽費老人ホームと呼びます。

 

A型とは?

軽費老人ホームの中でもA型は食事の世話が中心で、入居者は基本的に自立しており、自炊以外の日常生活は自分で行える人に限られます。
自立はできるものの加齢とともに身体能力が低下し、ある程度は介護の手を借りる必要があるという場合に利用できるでしょう。

 

B型とは?

B型はA型よりもさらに自立を求められ、サービスに食事の世話は含まれません。
日常生活の事柄を自力で完結できる高齢者が入居対象となります。

 

ケアハウス型とは?

これらの2つの型と比較すると、ケアハウス型にはさらに身体的な介護も含まれます。
ケアハウスの大きな特徴はA型B型の細かな分類を無くし、軽度から重度まで、介護が必要な多くの高齢者が入居できるようになった点です。

社会の高齢化を受け、軽費老人ホームは2008年からA型B型の分類を廃止し、ケアハウスへと移行しつつあります。
軽費老人ホームをはじめとした介護施設は、サービス内容にそれぞれ異なった特徴があります。
自分自身や家族に対して介護が必要になった際には、どんな施設が最適なのかをしっかりと考える必要があるでしょう。

また、併せて介護保険の利用についても理解を進めることで、費用面でも負担を減らすことができます。
いずれの場合も利用料の支払いは必要となりますが、老人ホームの種類や介護施設について知っておくことで、入居後の目途についても考えることができるでしょう。
軽費老人ホームや有料老人ホームは、快適な老後を過ごすために必須のものとなっています。

-経過的経費老人ホーム
-

Copyright© 老人ホーム選び・探し方・入居の流れがコレなら分かる , 2019 All Rights Reserved.