老人ホーム

老人ホームの1日の過ごし方をご紹介

投稿日:2018年11月18日 更新日:

老人ホーム老人ホームでは健康に配慮して規則正しい生活が行われています。
1日の過ごし方にはホームごとにそれぞれの特徴がありますが、概ね似た内容になっています。

 

step
1
老人ホームの1日は午前7時くらいから始まります。


7時に起床した後は身支度を整えます。
この際には様子を見て職員がお手伝いをすることもあります。

 

step
2
身支度が終わったら朝食です。


朝食は血圧を急激に上げないようなメニューとなっています。
基本的に朝食を1人で摂ることはなく、他の入居者様とコミュニケーションを楽しんでいただきます。

 

step
3
朝食の後は体操を行うことが多いです。


運動を無理のない範囲で行うことにより、骨や筋肉をしっかりと動かすことが大切です。

体操が終わると汗を流すためにお風呂に入ります。
お風呂は毎日入るわけではなく、ホームによって週何回と決められています。

 

step
4
昼食は12時ごろに摂ります。


体操を行った日は特に体力を回復させることに配慮した献立となります。

 

step
5
13時からは昼寝をするのが一般的です。


ただ入居者様によっては昼寝をしたくないという方もいるので、その場合は個人の趣味の時間に充てて頂きます。

 

step
6
昼寝の時間が終わるとホーム内の入居者様が集合してレクリエーションを行います。


このレクリエーションは老人ホームにおいて非常に重要な時間となっています。
ホームだからこそ、それぞれの入居者様が孤独感を感じることなく、みんなで楽しむことが可能です。

最初は人見知りをされていた方もレクリエーションを通じてどんどんと親しくなっていきます。
ホームのスタッフとの良好な関係を作る上でも大切な時間と言えます。

 

step
7
レクリエーションが終わると18時くらいになるので夕食の時間です。


夕食は1日の中でも特に食欲が湧く時間帯に食べますが、カロリーオーバーにならないように緻密な計算に基づいた献立を実施しています。

もちろん、食事は生活を送る上での1つの楽しみでもあるので、しっかりと美味しい物を提供するように工夫がなされています。
夕食の際にはレクリエーションでの楽しかったことなどを振り返る会話をする方が多いです。

 

step
8
就寝時間はホームによってまちまちですが、だいたい21時から21時半くらいが一般的です。


入居者様の年齢によってもやや違いがあります。

老人ホームでの生活は基本的に共同での生活なので度々他の入居者様との交流の機会があります。
その中でもしっかりとプライバシーが守られるように配慮されているので、快適に過ごすことができます。

-老人ホーム
-,

Copyright© 老人ホーム選び・探し方・入居の流れがコレなら分かる , 2019 All Rights Reserved.