老人ホーム

良い老人ホームの見分け方

投稿日:

老人ホーム

 

少子高齢化が急速に進む中で、2000年に介護保険法が制定されて以降、数多くの民間企業が介護業界に参入、それに伴い、数多くの老人ホームが建てられました。
一方で、たびたび施設の不祥事をニュースで見かけるなど、問題として取り上げられてしまう施設も少なくありません。

 

ココがポイント

そんな中、良い施設の見分け方として挙げられるのが、職員に対しての給与や待遇です。


日本の社会問題として、どこの施設も介護職員が足りておらず、慢性的な人手不足に陥っており、施設はどのように職員を確保していくかが課題となっています。

悪い施設の典型として、給与などの待遇面に対する不満から職員の離職が進み、人手が足りなくなるため時間外労働を余儀なくされるといった悪循環が挙げられます。
このような環境では見守りが行き届かなかったり、新入職員に対し十分な指導を行えず、結果として入居者様に対して雑な対応になりかねません。

必然的に待遇の良い施設には職員が集まり、手厚いケアを行えたり、入居者様やご家族のニーズにしっかりと対応することができます。

 

さらに詳しく

また、毎年新卒職員を採用しているかどうかも見分けるポイントです。


新卒採用を行っていない施設は中途職員や派遣、非常勤を雇用して職員を確保しています。

そのような場合、入職のタイミングや雇用期間がバラバラであり、統一したケアを行っていないケースが非常に多いです。
また、人間関係の構築も難しく、離職率も高い傾向にあります。
一方で新卒採用を行っている施設では、新入職員が同期として入るため、人間関係が築きやすいです。

現場に入る前に新入職員研修を行えるため、会社の理念や介護についてしっかりと学ぶことができます。これにより入居者様に対しケアの統一を行いやすく、質の高いサービスにつながります。
従来型の施設であるか、ユニットケアの施設であるかも見分け方の一つです。

 

10人程度のユニットで、少人数ケアを行うユニットケアが今は主流

ポイント

個室で入居者様がそれぞれ自分のペースで生活ができるようにケアを行うことを目的としています。

しかしユニットケアという概念ができる前は、一部屋4人から6人程度の多床室で、大勢をまとめて見る従来型施設が一般的でした。
施設の形態上集団生活になるため、プライベートな空間がなく、入浴も複数人が同時に入ることが普通です。
また施設自体が古いため、設備も古いです。

どちらがいいかは人にもよりますが、国もユニットケアを推奨しており、施設を見極める一つの要素になると考えられます。

-老人ホーム
-

Copyright© 老人ホーム選び・探し方・入居の流れがコレなら分かる , 2019 All Rights Reserved.