老人福祉センター

老人ホームと老人福祉センターの違い

更新日:

利用者にとって必要なサービスや介護を提供するため、高齢者福祉に関連した施設にはいくつかの種類が存在しています。
その中でも一般的な施設として挙げられるのが、老人ホーム老人福祉センターでしょう。

 

施設それぞれに特徴がありますが、老人ホームは更に種類が分かれています。

  • 自炊ができて入浴の世話も必要がない場合はマンション型の有料タイプ
  • 食事の介添えから身体的なリハビリまで必要な場合には特別養護老人ホーム
  • 軽費で利用できるケアハウスなど

 

老人福祉センターは老人福祉施設に含まれ、老人介護センターや老人デイサービスセンター、老人短期入所施設などとともに、老人介護に必須の施設となっています。
では同じく高齢者に関連する施設として、老人ホームと老人福祉センターには具体的にどんな違いがあるのでしょうか。

ホームの場合はその名の通り施設に入居し、介護や介添えを受けることになります。
利用条件は各施設によってさまざまですが、年齢制限に合致し、自立可能な利用者ならば誰でも入居できるマンションタイプのものがある一方、自立が困難であったり、家族や同居人などの頼れる身内がいないため、行政や事業所の援助が必要な高齢者のみと入居者が限定されている場合もあります。

サービスの度合いも異なるため、入居を希望する際には高齢の自分や家族が充分な介護を受けられる施設を探す必要があるでしょう。
ホームは行政だけではなく民間の事業者によっても運営が行われています。

対して老人福祉センターは基本的に行政によって運営されているもので、知り合いの減少や仕事からの引退、身体的な理由によって家にこもりがちな高齢者の憩いの場としても機能しています。

センターは介護よりもレクリエーションや高齢者の健康増進に力を入れており、健康体操や軽いゲームなどで楽しむことも目的のひとつとなります。


市町村が運営するセンターの場合、その市町村に在住していることが利用条件となることが多く、各センターによって実施するレクリエーションも異なります。

カラオケ大会や趣味の講座といった誰でも楽しめるレクリエーションが開催されていたり、高齢者の相談窓口になってくれたりと、高齢者やその家族にとって頼りになる存在といえるでしょう。

老人ホームや福祉センターの存在は、高齢化が続く社会にとってなくてはならないものです。
その違いを理解しながら上手に利用することで、家族や高齢者自身の負担を減らすことができます。

-老人福祉センター
-,

Copyright© 老人ホーム選び・探し方・入居の流れがコレなら分かる , 2019 All Rights Reserved.