ケアハウス

ケアハウスと他の老人ホームの違いについて

投稿日:

ケアハウスケアハウスと老人ホームの違いが分からないという人がよくいますが、実はケアハウスも広い意味での老人ホームの一種です。

ココがポイント

ただ、いわゆる民間企業などが主に運営している有料老人ホームと違い、ケアハウスは国や自治体などから運営補助資金が出ているために、一般的に有料ホームよりも料金が安いという特徴があります。


そのためケアハウスは、軽費老人ホームとも呼ばれています。

もっと細かく言うと、軽費ホームにはA型、B型、C型の3種類があって、このうちのC型がケアハウスに該当します。
この軽費C型の施設は、1990年に新設されたもので、主に高齢者に食事の提供などのサービスを行っているところです。

C型とA型・B型の違いは細かく言うと色々ありますが、ざっくり言うと、所得制限が無いことや、重い介護が必要な状態になっても住み続けられることなどが挙げられます。

注意ポイント

所得制限について言うと、A型・B型では、月収34万円以上の所得がある人は、基本的にこの所得制限にひっかかるために入居できなくなります。

ココがおすすめ

しかしC型は所得制限が無いので入居がしやすいということになります。

ただC型は入居一時金や月額費用がかかるので、軽費ホームとは言いながら、けっこうなお金がかかります。

A型・B型はもともと弱者救済という側面が強い施設ですが、C型はそれとはちょっと異質な存在ということです。
ただ有料ホームよりは安いといえます。
有料ホームと軽費C型の違いというのが多く人の関心事ですが、この二者の違いの一番大きなところは、前にも少し言いましたが、有料ホームは基本的に運営事業者が民間企業で、軽費C型は、社会福祉法人や医療法人などが運営しています。

この二者はどちがらメリットがあるかということを、各項目ごとに述べると、まず、料金については先にも言ったとおり、

軽費C型の方が料金は安いです。


有料ホームも施設ごとに料金は異なりますが、C型は高くても数百万円で済みますが、有料ホームだと何千万とかかったりする場合もあります。

入居のしやすさに関しては、有料ホームの方が上です。
有料ホームは、とにかくお金さえ払えばまず大体受け入れてもらえますが、軽費C型は安いということで人気があり、なかなか入居できず待機者が発生している場合も多いです。

サービスの幅広さという点では、有料ホームの方が上をいっている場合が多いです。
介護サポートも手あつく、医療・看護ケアなども充実しています。
高齢者サポート施設は、それぞれに特徴があるので、しっかりと自分に合っている施設なのか見極めることが大切です。

-ケアハウス
-

Copyright© 老人ホーム選び・探し方・入居の流れがコレなら分かる , 2019 All Rights Reserved.